オフシーズンの海に一人で行ってはいけない

江ノ電

紫陽花

紫陽花で有名な江ノ電。まだ早かったみたいやね。

浜大根

浜辺でサンダルの砂をパンパンしてたら突然、ウェットスーツをヘソ下まで脱いだ20代後半くらいの男が話しかけてきてたまげたなぁ。
「すみません、あれって何の花ですかねぇ?(小声)」って言いながら砂浜からめっちゃ離れた人気のない所まで歩いてく。どこまで行くんだよこいつって訝しみつつ着いてったら、極小のつぼみを付けた紫陽花っぽい草が生えた茂みで、「あっ・・・(察し)」と気づいた。
「まだ咲いてないけど多分紫陽花でしょうね」とか適当に答えつつ、手っ取り早く会話を打ち切るためのイヤホンを付けてお断りしました。
言い出した手前、残されたホモはクッソきもいピンクのケータイで何も咲いてない葉っぱを撮ってて草不可避(嘲笑)
サーファーって厳つい見た目の割に微妙にオネエが多い気がしますね・・・(こいつはイモ系だったけど)

帰ってから調べたらここら辺ってそうらしいね。


↑オナシャス!
スポンサーサイト




カズヒト16号 (東京周辺観光)

コメント:0

トラックバック:0

コメント



« »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -