もともと食用だし多少はね?

ホウシャナメラ

毎年、この時期になるとラットの生産が追いつかなくなる。いい加減規模を拡大して頂きたい。いっつも売り切れなんだし、やればやるだけ儲かりそうなもんだけどなぁ。
なんだよじゃあモルモットで凌ぐしかないか!しょうがねぇなぁ~(悟空)

しかしモルモット・・・これが地味に使いづらい。臭いが草食系ってのはいいけど、体型が食べ難い。
ラットは流線型で、いかにも呑み易そう。チェーンで給餌するにしてもスムーズにいける。ところが、モルモットは頭でっかち。しかも大抵がバンザイしたまま死んでるから余計に面倒。
骨格はラットよりガッチリしてて、バンザイを気をつけにするのに思ったより力がいる。特に呑んでる蛇からしたら相当煩わしい。途中で諦めちゃう個体もいるくらい。

だから、肢を切断する(マジキチ顔)
全く自慢にならないけど、僕のげっ歯類を解体するスキルは中々のものだと思う。我ながらうっとりするくらい綺麗に仕上がる。
慣れない内は大腿骨とかをバキバキ切断してた。眉毛ばさみで。でもそれだと断面がジャリジャリして危ないし、手が疲れる。
と言う訳で、先に脱臼させてから切り落とすようになった。これはコツを覚えると拍子抜けする程あっさり肢が抜ける。内臓に傷をつけると凄まじく臭いから慎重に。
ただ、鋏を入れる訳だから、当然体毛も一緒に切れる。実はこれが一番鬱陶しい。特にモルモットは毛が長いから凄い気分悪い。始めの内は切る箇所を霧吹きで濡らして、毛が舞うのを防いだりした。それでも、濡れた毛が成体に引っ付いたりする。
で、最近では更に技術が進歩して、少し挟を入れたら内側から皮を切るようになった。これだと極僅かな毛が出るだけで済む。やったぁ!
皆さんもどうぞ(迫真)レッツ解体!

これ以上書くと「モルモット 給餌」とかで検索してきた人が発狂しちゃう、もういいよ。ヤバイヤバイ(迫真)


↑オナシャス!
スポンサーサイト




ホウシャナメラ (放射滑羅) Coelognathus radiata

コメント:2

トラックバック:0

コメント


えっ!?モルモットをどの蛇にあげるんですか!?

お気に入りのウォーターパイソンですか??

アダルトラット呑めるやつなら普通に食べられますよ
でもどうやらモルモットも品薄に・・・
やべぇよ・・・やべぇよ・・・


« »

2020年08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -