なめらなめなめ

アオダイショウ

アオダイショウくんは典型的なエラフェ顔ですね。
一目で別属だとわかるホウシャ、ベニ、タカサゴ、ミドリナメラ達はいいとして、素人目にはスジオとクスシヘビがエラフェから外されるのが不思議です。
僕には縦長の瞳孔とか先細りの吻や変温喰が異質なシュウダとシマヘビがハブられる方が自然に思えるけど。分子系統解析の関係なんですかね・・・?(知ったか)
なんとなくスジオくんはツマベニだのアジアのとんがり鼻のナミヘビを引き連れる為に分かれさせられたような気がする。

別に趣味で飼う分には分類なんてどうでもいいかもだけど、なんだかちょっと気になる・・・気にならない?
ちなみに真のエラフェ達は以下の種みたいです。

Elaphe climacophora アオダイショウ
Elaphe schrenckii  カラダイショウ
Elaphe quadrivirgata  シマヘビ
Elaphe carinata シュウダ
Elaphe quatuorlineata タイリクシマヘビ
Elaphe sauromates トウブタイリクシマヘビ
Elaphe dione サラサナメラ
Elaphe bimaculata フタモンナメラ
Elaphe davidi  ダビドナメラ
Elaphe zoigeensis  ゾルゲナメラ

もう(欲しいのなんてタイリクシマヘビしか)ないじゃん・・・サラサの頭に模様無い奴はちょっと欲しいけど(小声)
サラサから下は中国の茶色いちびっこ蛇ですね。
ちなみにゾルゲナメラは即席の造語です。学名検索でも同じ中国の野人(イエレン)先輩よりヒット数少ないから和名なんてあるはず無いんだよなぁ・・・UMAより知名度低いのか(呆れ)
まぁフタモンにヨーロッパナメラ混ぜたような小さい地味蛇です。

改めて見ると魅力的なのは上の方の大型種だけなんだよなぁ・・・
エラフェに関してはもうシマヘビの奇麗なのを細々と集めていればそれでいいですね(長々と書いた話をぶっ壊すオチ)


↑オナシャス!
スポンサーサイト



アオダイショウ (青大将) Elaphe climacophora

コメント:0

トラックバック:0

« »

2014年07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -