腹ん中がタポタポだぜ

お茶

お茶

椿堂茶舗からお茶が届きました。
ここのほうじ茶の「鳥羽」が美味しくてリピートしてるんですけど、今回はほうじ茶っぽいのばかり注文してみました。
特上の「京かおり」上の「伏見」並の「鳥羽」下の「ふかくさ」京都の番茶は実質ほうじ茶なのでそれこそ番外で「京番茶」です。

「京かおり」はまんま煎茶で、ほうじ茶っぽくない。前に買った時に雁ケ音の「通天」とどっちがどっちだかわからなくなったくらいなのでもう買いません。

「伏見」は伏見稲荷大社でも出してるとかで、普通に上品な渋みのある茎ほうじ茶。これは最初に買った「稲荷山」とのセットで飲んでたので二度目です。ただ僕は貧乏舌というか、苦い物はそのまま苦いと感じちゃうので、普段使いにはちょっとしんどいのです。そういう理由でコーヒーもビールも全く飲まないし。

「鳥羽」は並って言うほど「伏見」と値段離れてないんですけど、苦みも渋みも少なくてとても香りがいいです。これだけ二袋買いました。専用の缶入り出してほしいんだよなぁ。

「ふかくさ」は良くも悪くもほうじ茶らしいほうじ茶です。そこらの店で売ってそうな庶民の味ですね。一保堂の極上ほうじ茶(笑)に似てます。

「京番茶」は開けた途端焙煎した茶葉の香ばしい香りではなく、火災現場みたいな臭いがしてあっ・・・(察し)茶葉も腐葉土みたいで普通に美味しくないですね・・・作業着のおっさんが薬缶で煮出してがぶがぶ飲むようなお茶だと思った。

それともう一つ、さして期待せず買った「万葉茶」が普通に美味しくてびっくりです。「京番茶」もブレンドしてるらしいけど全然わからないくらいいい香りです。身体にもよさそう。

だめでせう
とまりませんな
がぶがぶ呑んでゐるですからな


↑オナシャス!
スポンサーサイト



その他のアレ

コメント:0

トラックバック:0

ここにいいもんがあるからよ、これでサイズ測ってみろよ

ホウシャ

ホウシャナメラが珍しく完全な形で脱皮しました。頭部を持って目一杯持ち上げても尻尾が床に付く。ヴォーナゲー!でもこの時足で踏んで尻尾切れちゃった・・・(小声)
写真は椅子を台にして階段の踊り場の壁にくっつけた所ですけど、普通に危険で落ちるかと思った。
始め標準レンズ着けてたんですが、下がれるだけ下がってもはみ出ちゃうんで広角で撮りました。

ちゃんとしたメジャーがどっかいっちゃったから、仕方なくスリーサイズとか服の寸法測るようなぺらぺらの巻尺で測ってみたんですけど、これ150cmまでしかないんですね・・・
しっとりした脱ぎたてじゃなくてパリパリというかカサカサした状態で、おおよそで250cmくらいです。
これから20%くらい引けば大体の体長がわかるのかな?かなりいい加減だけど200cmジャストくらいですかね・・・?
見つけるのがあと数時間早ければもう10%位は長くなってたと思うんで、普通に当てにならないと思った。
なでこなでなで


↑オナシャス!
ホウシャナメラ (放射滑羅) Coelognathus radiata

コメント:2

トラックバック:0

« »

2014年03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -