砂子滑羅蛇

ベアッードラット

テキサスベアードラットスネーク Pantherophis bairdi

ベアッードラット

あっ、そうだ(池沼)
モモジタトカゲを飼い始めて半月ほど経ちましたねぇ。ここで一つ飼育環境でも書いときましょう。
店ではどうやら水棲亀の餌を与えていたらしいので、それに習いこ↑れ↓も注文しておきました。野生ではカタツムリくんを食べているとどこでも書かれてるし、念の為スネール缶も用意しました。
HSNさんの記事によると、大体のレイアウトは湿潤系のトカゲに準ずればいいそうです。とは言え湿潤系も何もトカゲ自体飼うのが始めてなんだよなぁ・・・
しょうがねぇなぁ(悟空)ってことで、無謀にもアジアンラットのレイアウトにしてみました。床材はマルチング材でシェルターと水容れだけ。
紫外線は観賞用も兼ねて一番弱いのを付けてます。

餌は今のところ問題無さそう。人工餌もスネール缶もマウスも全部普通にピンセットから食べた。
照明に関してはちょっとよくわからない。点灯中はシェルターに籠もってて、消灯すると起きて出てくるんですよ。バスキングも紫外線も必須らしいけどどうなんですかね・・・。バスキングってあれでしょ?ショップの乾燥したトカゲや亀に集中的に当たってるメタハラみたいの。あんなもん当てたら即死しそうなんですけど、それは大丈夫なんですかね・・・?一応当ててる紫外線灯も、浴びてる気配なし。リズムをつける為に三波長型蛍光灯でもあれば十分なんじゃない?

近いうち、60×45くらいの専用ケージを作る予定なんだけど、紫外線が必要がどうかはとても重要な問題なんですよ。
ケージ内に蛍光灯ホルダーを設置するとして、問題なのが蛍光管のサイズなんですね。こういうのをつけるとして、15w用のホルダーが何故かインバーター式じゃなくクッソ旧式のグロー球式しかないんですよ。となるとスパイラル球しかないけど、その場合火傷防止ネットとかでかさばる上設置の場所によってはフレアとかゴーストで写真が撮り辛くなる。これ重要。
まぁ長々と何が言いたいのかというと、ノーマルなGLOBALのスリム蛍光管でも大丈夫だという確信が欲しいのです。
例えばハイナンやアラネウスと同じようにモモジタ飼ってるとか、モモジタじゃなくても無照明でアオジタ飼ってるとか、そういうの。
早いとこダッサイガラスケージ飼育からヌッ!(暴発)抜け出す為にお知恵を貸しちくり^~


↑オナシャス!
スポンサーサイト



スナゴナメラ (砂子滑羅) Pantherophis bairdi

コメント:0

トラックバック:0

« »

2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -