赫眼

ガーター

「ヨーロッパヤマカガシに似ている」と言うのが売りの彼は、本物の登場によって、めっきり出番が減ってしまった。ごめんよ。

ガーター

ガーターはガーターで、まあそれなりに少しは格好良い。こっちの方が好きだって人もいるでしょうね。
飼い易いしね。長い付き合いだけど、何一つトラブルは無い。脱皮不全も、拒食も、肥満も、皮膚病も、何にも無い。ハンドリングも出来る。餌だってここ最近はほぼ全て残り物だ。全然褒められた事じゃないけど、最後にこいつの為にマウスを解凍したのなんて数年前だ。
レプトミンを主食に、切り落としたラットの手足や、残ったマウス。そんな食生活。
丈夫だね。

ガーター

あと、光が当たると眼が赤く光って格好良い。学名検索すると、もっと赤いのもいる。
それが最大のアピールポイントだね。可哀想に。


↑オナシャス!
スポンサーサイト



その他ナミヘビ (並蛇) Colubridae

コメント:0

トラックバック:0

« »

2010年11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -