新世界ナメラはナメラじゃないんですよ

アオダイショウ

やっぱりアオダイショウばかりじゃないか(怒)

アオダイショウ

なんて素敵な質感。
最近はメキシカンベアードラットが地味に欲しい。
成体はちょっとナメラっぽい雰囲気あるよね。どこかにいないかな?


↑オナシャス!

スポンサーサイト
アオダイショウ (青大将) Elaphe climacophora

コメント:1

トラックバック:0

腕にシルバー巻く奴はホモ

アオダイショウ

アオダイショウ

なんて綺麗な蛇でしょう。
どう言う訳か蛇飼いの人達の多くが「アオダイショウは捕まえるもの」と言う認識みたいだけど、WCがCBより綺麗になる事は絶対に無いって。況してや鱗の美しさを見るナメラで。
何の変哲も無い本土産の個体でも紫外線当てずに育ったCBだとかなり綺麗だよ。
ほんとうに
もう1050円で売るのやめろ。


↑オナシャス!
アオダイショウ (青大将) Elaphe climacophora

コメント:1

トラックバック:0

血まつりどんどこ

ウォーターパイソン

もうやだこの蛇。
こいつ金曜に脱皮したんだよ?その後、暴れに暴れてあっという間に傷だらけ。
汚れたペットシーツ交換しようと、ガラス戸を開ける。その時から戦いは始まってる。
こいつの入ったシェルターを、逃げのスペース(2つ隣りのシーツ)にそっと移動させ、汚れたシーツを畳む。大抵、この時点でシェルターから出て来る。勿論咬む為に。
そして、咬む。少しも躊躇わずに。当然手袋してるけど、チクリと痛い。
怯めば負けなので、すかさず蛇の首を掴み、衣装ケースに放り込む。そしてメンテを済ます。
衣装ケースを風呂場に持って行き、蛇ごと尿酸塗れのケースを洗う。
後はケージに戻す。そんな感じ。

ウォーターパイソン

CB個体なのに、一体何をどこでどう間違ったらこんな性格になるのさ?
人間嫌いにも程がある。「そうかも知れない」を連打した憶えは無いんだけどなあ。


↑オナシャス!
パイソン (錦蛇) Pythonidae

コメント:2

トラックバック:0

ねっとりしていて、それでいてベタつく

甘酒

なんとなく甘酒作った。大鍋に並々と。どうすんだよこれ・・・
異様なとろみがわかりますか?水飴を1瓶入れたんだ。間違って蓋を捨てちゃったんで仕方なくね。
当然クッソ甘い。もう喉がイガイガするほど。これ大丈夫なのかなぁ。

今日バイト先で、汗だくでビーマニをやる汗だくのブレザー着た汗だくなピザを見た。
汗だくで鍵盤がめり込む程の爆音を立ててた。(もし壊れたら僕が修理)
思い出したら甘酒がしょっぱくなった。訴訟も辞さない。


↑オナシャス!
その他のアレ

コメント:3

トラックバック:0

ノスタルジア

アオダイショウ

オッス!オッス!
季節外れのアオダイショウ飼育開始。以前飼ってたクナシリでも、流行の道産でも、何かのヘテロでもない、普通のアオダイショウ。もちろんCB。

アオダイショウ

WCより上品な感じがする。
青や緑じゃなくて灰色だね。とは言え、グレーラットみたいな単純なグレーじゃないよ。
水分を含んだ色合いと言うか、薄皮一枚剥がすと瑞々しい緑が顔を覗かせるような、非常に奥床しい和の色味ですね。
日本の里山の風景にはやっぱアオダイショウ。春の空を映し込む大きな鱗と、新緑に映える体色。野外で腹側から見ると、より一層青くて美しい。

アオダイショウ

多分来年まで餌は食わないと思う。
冬の初めと言う今の季節の所為もあるかも知れないけど、この蛇を見てるとなんだかセンチメンタルな気分になるなあ。
それでも、2月の初めとか体感的には冬の日に、思い出したように突然食べ始める。そういう時が物凄く嬉しい。
やっぱりアオダイショウ大好きだ。


↑オナシャス!
アオダイショウ (青大将) Elaphe climacophora

コメント:0

トラックバック:0

« »

2010年11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -