極寒

ロシアンラット

アムールラットが来た。
とりあえず亜種説を採用して、カテゴリのカラダイショウを2つに分けた。南部のElaphe schrencki anomalaをコリアンラットスネークと呼ぶなら、対になる北部のElaphe schrencki schrenckiはアムールよりもロシアンラットスネークと呼ぶ方がしっくり来る。なので後者で登録したよ。

ロシアンラット

anomalaとの違いが全然わからない。
以前知り合いの蛇飼いに聞いた話だけど、こいつらを交配させると普通にアムールが生まれるんだって。えー。

ロシアンラット

温帯と言うか、もう冷帯だよね、予想通り鱗は最高。そういや寒い所の蛇だから真っ黒になるのかね?
しかし考えてみれば、温帯ナメラってほんの少ししかいない。
次はサウロマテスかな。



↑オナシャス!
スポンサーサイト
カラダイショウ (唐大将) Elaphe schrencki

コメント:2

トラックバック:0

« »

2010年10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -