うわぁ、これは八百長ですね・・・

クスシヘビ

咬まない!
なんと咬蛇姿勢を取らなかった!

クスシヘビ

なんか見覚えがあると言うか、丸被りの構図ですね

クスシヘビ

極力興奮させないように、兎に角落ち着いた環境で管理していた成果ですかね?
この蛇当たるんじゃなくて咬むタイプだから、少し大人しくなってもらわないと。
薬師蛇なのに傷を負わすとか、あべこべだなぁ(ドヤ顔)


↑オナシャス!
スポンサーサイト
クスシヘビ (薬師蛇) Zamenis longissimus

コメント:0

トラックバック:0

損気の手本

ホウシャナメラ

まあまあ大きくなってきた。一応最も太い箇所は手首よりあるけど、まだ迫力不足だ。
いつか見たWCのホウシャは凄まじい迫力だった。てか、恐かった。サイズ自体はもう勝ってるっぽいけど、何かが違う。

ホウシャナメラ

野生のこいつは凄いね。どうも消されちゃったみたいだが、ホウシャナメラがキングコブラに喰われる動画があってね、それがとても素敵でした。
一回咬まれたら、例え残機が99機でも即ゲームオーバーな、あのキングコブラ。そんなキングに、西森博之の雑魚ヤンキーの如く、「んだコラ、ぶっ殺すぞ!?」と襲い掛かり、瞬殺される。そんな動画。
別のでヒメナンダか何かがやられるのもあったけど、あれはダメだ。逃げ腰で時々威嚇したりと格好悪い。カットされてたし。
また見たいなあ。

ホウシャナメラ

このシェルターはもうダメだね。餌食った後はプーさん状態で入れなくなる。
実はもう無くてもいいのかな。


↑オナシャス!
ホウシャナメラ (放射滑羅) Coelognathus radiata

コメント:0

トラックバック:0

そのうち家とか売りそう

アル虹

アル虹は眼の周りがパーフェクト。まず、目頭と目尻に謎の墨が入る。
そして、この写真じゃ見えないけど、眉毛。眉毛が萌えポイント。

アル虹

ほら。なんとも古風なメイクですね。

パールグラスspキューバ

御馴染みチャームから水草が届いた。
見て、これ。こんな状態の良いキューパパール始めて見た。間違い無くトロピカ以上。しかも安い。
でもまあ、そんなことはどうでもいいね。もっと重要なのは、チャームが米を売り出したことだ。

ガーデニング用品は、分かる。爬虫類も、まあ分かる。犬猫は、おかしい。キノコ栽培セットは、意味が分からない。

そして、とうとうだ。

しかも本拠地は群馬なのに、何故かあきたこまちだ。

カオスを超えて終末が近づく・・・


↑オナシャス!
ボア (蚺) Boidae

コメント:0

トラックバック:0

この顔は犯罪者ですね、間違いない・・・

ウォーターパイソン

中々格好良いじゃないか。雌でこれだから、雄はもっと格好良いでしょうね。

ウォーターパイソン

ウォーターパイソン

しかし底意地の悪そうな顔だ。小動物虐めそう。


↑オナシャス!
パイソン (錦蛇) Pythonidae

コメント:0

トラックバック:0

デカくて黒い彼

バハストライプキング

相変わらずブリキゴみたいな艶のバハストライプキングスネークですが、実はかなり大きいのです。
140cmは確実にあるし、異様に太い。他の蛇が残したラットを、「奴ならやってくれる!」と与え続けた結果、一時は鱗にトグロ皺くっきりのいやらしい身体になった。
それからしばらく餌を抜いて、今はまともな体型に戻りました。

バハストライプキング

バハストライプキング

早くお嫁さんを見つけてやりたいが、どこにもいないんだ。
当の本人は食べることだけで満足してるっぽいし、べつにいいのかなぁ。


↑オナシャス!
その他ナミヘビ (並蛇) Colubridae

コメント:0

トラックバック:0

« »

2010年10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -